交通事故における弁護士費用を補償する保険

交通事故の3つのケース


①たとえば、自動車による交通事故を起こしてしまい、過失割合で相手方と揉めてしまった場合、どのように対応するのでしょうか。
②たとえば、自分が運転してる車が交差点において信号待ちで停止していた時に、後ろから追突され、しかも、追突した相手方から損害賠償を受けることができなかった場合、どのように対応するのでしょうか。
③たとえば、自分が自動車にはねられて後遺障害をともなうケガをししまった場合に、満足に損害賠償を受けることできなかった場合、どのように対応するのでしょうか。

どのケースでも弁護士が必要

いま、3つの例を挙げましたが、このような場合、行き着くところまで行くと、法律上の争訟にまで発展することとなります。
そうなると、法律のプロである弁護士にお願いして事件を解決するということになるでしょう。
その場合に役に立つのが、自動車保険における弁護士費用補償特約なのです。

自動車保険における弁護士費用補償特約とは?

自動車保険に付けることができる弁護士費用補償特約という特約は、先に挙げた3つの例のように、自動車事故によって法律上の争訟に発展するなどして弁護士を活用することが必要になった場合に、その費用を補償するものです。
交通事故における弁護士費用の額については、損害賠償請求の経済的利益の額に応じて計算されることが多いのですが、決して安いものではありません。
ですから、自動車保険の補償を考える際にも弁護士費用補償特約を備えることは大切なことなのです。

弁護士費用を負担する保険が増えています

なお、最近の保険では、自動車事故だけではなく、日常生活において怪我をさせられたり、自分のものを壊されるなどの被害事故で相手が賠償してくれないケースにおいて、弁護士を雇う費用を補償してくれるものもあります。
詳しいことは保険会社に問い合わせるといいのですが、こうした特約があると、近年急増している自転車事故においても活用できるので安心です。