ロードの自転車と自動車の交通事故が増えています

子どもの自転車事故による慰謝料とその対策について

子どもが起こす自転車事故が増えている

最近ニュースでも子供の自転車による事故がしばしば報道されています。
自転車に乗った子供が車にぶつかられるといった事故だけではないです。
自転車に乗った子供がお年寄りなどをはねるという交通事故を起こし、多額の慰謝料を請求されるというケースがあります。
そのお年寄りが半身不随や寝たきりなどになった場合は、慰謝料は数千万円から一億円にまで達することもあります。もちろん交通事故弁護士相談は必須です。

相手が老人だと補償が高額になるケースも…

このお金は、当然子供には支払い能力がありませんから、親が払うことになります。
しかし、よっぽど裕福な家庭でない限り、このような多額のお金を払うことはできません。
このような慰謝料を請求されたが故に家庭破綻をおこし、家族がバラバラになってしまうことも起こりえます。
では、このような事態にどう備えればよいのでしょうか。

子どもが加害者になるケースを保険でカバーしよう!

一つの対策としては、加害者としての交通事故を起こした時に対応できる特約がついた保険に入ることが挙げられます。
最近では月々数百円程度で一億円ほどの補償が受けられるものがあります。
もちろんそんな交通事故を起こさないようにお子さんたちをしっかりと教育するという事が一番です。
しかし、もしものときに家族破綻しないためにも、保険に入っておくという事は有力な選択の一つといえます。

自転車を禁止するより、リスクをカバーすることが大切

ほかの対策としては、そもそも自転車などの加害者になりうるものに子供を乗せないという事も考えれらます。
しかし、子供は親の目が届かないところで何をするかわかりません。
そういった意味でも低額でもよいので加害者となった時のことを担保できる保険というものは重要になってくると考えています。
最後に繰り返しになりますが、なんといっても一番重要なことは加害者にならないことです。
子供にしっかりと教育し、危険な行動をなるべくしないようにさせるのが最良の手段です。

最新投稿